社会人ミュージカル劇団カスタリアの団日誌~52


今回稽古日誌担当の川野です。
私自身、今回の稽古は入団初日でもあり、初めての立ち稽古で緊張しっぱなしでした!

今回の稽古は、シーン一つ一つを区切りながら立ち稽古を行いました。

それぞれの事情もあり、全員揃うことはなかなか難しいですが、それでもその場にいる全員で役を補い、助け合いながら稽古を行いました。


「台本をしっかり読みなさい」という先生のお言葉には色んな思いが込められていました。文字を読んで自分のセリフ覚えるだけではなく、他の人のセリフや動きも把握した上で自分のシーンをどう表現するのか…すごく難しいことではありますが、演者同士の信頼関係を築き上げるためにまずはしっかり台本を読んで頭の中にインプットしていきたいと思います!

舞台の下手・上手・真ん中・手前・奥それぞれどこにいればお客様に分かってもらえるだろうか…演じる側としての視点だけでは無く、お客様の視点になって考えることも大事だということもわかりました。


演じるキャラクターによって声色や歩き方が違うので、その役に合った表現の仕方を見つけるのにみんな苦戦していました。稽古を進めていくうちにもっと役に入り込めるよう全員で頑張って行きたいと思います。


秋になり、気温差が激しく体調を崩しやすい季節となりましたが、体調管理に十分気をつけながら団員一同稽古に参加していきたいと思います!

川野 真由

関連記事

  1. 社会人ミュージカル劇団カスタリアの稽古日誌〜32

  2. 社会人ミュージカル劇団カスタリア の稽古日誌~9

  3. 2020-09-05

    社会人ミュージカル劇団カスタリアの稽古日誌〜23

  4. 社会人ミュージカル劇団カスタリアの稽古日誌〜36

  5. 社会人ミュージカル劇団カスタリアの稽古日誌〜33

  6. 社会人ミュージカル劇団カスタリアの団日誌第〜50

  7. 社会人ミュージカル劇団カスタリアの稽古日誌〜15

  8. 社会人ミュージカル劇団カスタリアの稽古日誌〜25