社会人ミュージカル劇団カスタリアの団日誌~92

皆さん初めまして‼︎ 阿部なつきと申します。

10月最初の稽古日誌は入団したてホヤホヤの私が担当いたします!

もともとミュージカルや舞台など華やかな世界観が大好きな私は、ずっと(いつか自分が舞台に立ちたいなぁ…)と密かに夢を抱いていました。
そんな夢を叶えるため、勇気を出して9月から劇団カスタリアに飛び込みました!
先生方も明るく優しく、他のメンバーの方も気さくでとてもいい雰囲気の劇団です。これから歌って踊りまくって夢の舞台に立てるように日々精進してまいります♪
どうぞよろしくお願い致します。

【ダンス】

本日のダンスは引き続き映画「MASK」の曲で、後半〜最後の部分を教えていただきました。まずは基礎練。振り付けに盛り込まれているプリエ、シェネターン、ピルエットなどをじっくり教わりました。
どれもバレエ分野の技ですが、私はもともと股関節が硬いため股関節が全然外に広がらず…。ダンスにおける柔軟性の重要性をひしひしと感じております(汗)
私に肩を貸してくれたくるみさん、ありがとう。

振り付けを教わった後今までの振りを繋げて通しで踊りました。上下左右あらゆる方向に自分の体が振り回されてしまいました(笑)

とにかく『体幹』‼︎これが大事。体を振り回されずに一つ一つの振りを『魅せる』ために、日々コツコツ体づくりをしていこうと思います‼︎

【歌】

新しい課題曲は「人気者(ウィキッドより)」。
この曲は弾むようなリズム感が特徴で、聞いているとつい体が動き出してしまうような明るい曲です。
終始明るい雰囲気のこの曲ですが、その中でどのように表現の抑揚をつけるかを考える必要があります。


「乗り気でない相手をどのようにしてその気にさせるか」。
ミュージカルでは歌で登場人物の感情や気持ちを表現するので、その時の状況や雰囲気を鑑みて細部までイメージを膨らませてることが大切であると学びました。

【お芝居】

こちらも新しい課題をいただき、読み合わせをしました。


毎回面白いな〜と思うところなのですが、同じキャラクター・同じセリフでも演じる人のキャラの捉え方によって全く色の違う表現になるのですよね。だからこそ、お芝居のレッスンでは他の人がその役をどう捉えているのかを見るのが私は好きです。


そういう意味ではレッスンの時間こそ刺激的です。色んな表現の仕方を見て少しずつ自分のものにしていけたらより豊かなお芝居ができるのではないかと思いました!

まずはセリフを頭に叩き込む‼︎そこが不十分だと表現をすることに力を発揮できないので…頑張りたいと思います(°▽°)

【最後に】

実際に自分でやってみると、舞台に立っている人たちのすごさを実感しました…!私もこれからカスタリアの一員として素敵な舞台を作れるよう頑張ってまいります‼︎

阿部なつき

関連記事

  1. 社会人ミュージカル劇団castaliaの稽古日誌~4

  2. 夢

    社会人ミュージカル劇団カスタリアの稽古日誌〜22

  3. 社会人ミュージカル劇団カスタリアの稽古日誌〜46

  4. 社会人ミュージカル劇団カスタリア の稽古日誌~7

  5. 社会人ミュージカル劇団カスタリアの団日誌~52

  6. 社会人ミュージカル劇団カスタリアの団日誌~82

  7. 社会人ミュージカル劇団カスタリアの団日誌~74

  8. 社会人ミュージカル劇団カスタリアの団日誌~80