社会人ミュージカル劇団カスタリアの団日誌~56

センターが村上です!

今回の稽古日誌を担当します、村上です!

先日、団員に誘ってもらい初めて宝塚を観劇しました!

今まで、お芝居を見る時は、役者さんがあまりにも自然に役として生きていたので、そこにどんな努力や苦労があるか考えたこともありませんでした。

自分が演じる側になって初めて役者さんの細かい仕草や、台詞がない時の動きに注目をして作品を見ることができ、とても新鮮な観劇になりました。

どこまでも役を生きていたし、一糸乱れぬダンスが本当にかっこよかった…!!

劇中のナンバーも全てオリジナルです。

『役として生きること』は今一番の課題です。

作品の中ではどんな瞬間でも何が起きても役で居続ける、ということがこんなにも難しいとは知りませんでした…

役と分かち合う為に、稽古をしながら出会う自分の役の性格や特徴、癖を付け帳に書き足します。

1つの台詞の中での感情の揺れ動き、こんな時この役はどう感じるのか、他の役達との関係性…まだまだたっぷり研究の余地があります。

もっと役と仲良くなって、指の先まで自分の役を全うします!!!

オフではこんなおふざけもしますが、稽古中は真剣です!

きっと素晴らしい作品をお届けするので、どうか楽しみにしていてください♩

村上 裕香

関連記事

  1. 社会人ミュージカル劇団カスタリアの稽古日誌〜41

  2. 社会人ミュージカル劇団castaliaの稽古日誌〜11

  3. diary371

    社会人ミュージカル劇団カスタリアの稽古日誌〜37

  4. 社会人ミュージカル劇団カスタリアの稽古日誌〜21

  5. 社会人ミュージカル劇団カスタリアの団日誌~53

  6. 2020-09-05

    社会人ミュージカル劇団カスタリアの稽古日誌〜23

  7. 社会人ミュージカル劇団カスタリア の稽古日誌~10

  8. 自分で考える

    社会人ミュージカル劇団カスタリア の稽古日誌~6